鍼灸マッサージ Q&A


Q1.鍼は、どのような病気に効きますか?また、なぜ効くのでしょうか?

Q2.灸は、どのような病気に効きますか?また、熱くないのでしょうか?

Q3.鍼による感染症(肝炎、エイズ等)の心配はありませんか?

Q4.最近、カイロプラクティックや整体院、療術院、リフレクソロジー等の看板やチラシ広告をよく見かけますが、マッサージと同じ業種なのでしょうか?

Q5.鍼・灸・マッサージの治療を行うには、どのような免許が必要なのでしょうか?(免許を取得するには?)

Q6.鍼・灸・マッサージ治療は、健康保険で受けられますか?

Q7.寝たきりの人の自宅に、マッサージ師の人が来て健康保険でマッサージやリハビリをしてくださると聞きましたが本当ですか?







Q1.鍼は、どのような病気に効きますか?また、なぜ効くのでしょうか?


A. 元来、鍼は苦痛を取り除くために用いられたものですから、頭痛や肩こり、背や腰の痛み、各部の神経痛や筋肉痛など、様々な痛みや緊張を緩和する場合に応用されています。痛みのある局所や関連のある部位に圧痛硬結があり、そこに鍼を施し緊張を和らげますと末梢の神経や血管は圧迫から解放され、血行も良くなって楽になるのです。
昔から、腹痛・胸痛・月経痛などにも用いられて来ましたが、内臓に重篤な原因疾患が無いかどうか、今は現代医学的な診断も参考にして治療の可否を決めます。
また、鍼は自律神経や内分泌系にも作用して、全身的な変調を調整しますから、喘息、花粉症・あるいは更年期における様々な不定愁訴の治療にも役立ちます。
古来、多くの経験を積み重ねて来た伝統医療にも、何故効くのかという研究が多面的に加えられ沢山の論文が発表されています。鍼の治効に関する主なものとしては、脳内から鎮痛物質(エンドルフィン・エンケファリン等)が分泌されるという説、痛み刺激が中枢に伝えられる経路の途中(脊髄に入ったところ)で強さが調節されるという説(ゲートコントロールセオリー)、あるいは自律神経の働きを調節したり安定させたり出来るという報告や、血行改善による皮膚温の変化をカラフルに図示した発表などがあります。




Q2.灸は、どのような病気に効きますか?また、熱くないのでしょうか?


A. 中国の古典「黄帝内経」に灸は北方に生じたと記されており、どちらかといえば身体の冷えやすい人、慢性的な胃弱があって食欲の出ない人、節々にリウマチ様の痛みが出て疲れ易い人などに、元気を出させる方向(補法)に用いられて来ました。現在でも冷え症の人に施灸しますと下肢全体が温かくなってきますし、冷房病(長時間冷やしすぎ、陽に当たっても発汗せず不快)の場合には脊柱の両側に施灸しますと、じわじわと汗が出て来て楽になります。
また、灸は関節部の痛みや痔疾など、施鍼が適されない場合の鎮痛にも用いられます。痔の痛みを頭頂部や前腕・腰部など、患部から離れた所から鎮めるのも妙味です。
一般に、灸は熱いものと考えられていますが、専門家が捻る艾は米粒大か半米粒大ですから、落語の「強情灸」のようなことにはなりません。灸痕が残らないものや温灸など、いろいろな方法がありますから、目的に合わせて施術者と相談してください。




Q3.鍼による感染症(肝炎、エイズ等)の心配はありませんか?


A. 病院はもちろん、鍼灸院の開設の際にも「消毒設備を有すること」が義務づけられていますし、肝炎やエイズが問題になってからは、オートクレーブ(高圧滅菌消毒器)や、紫外線保管庫なども備えて感染防止には万全を期しています。
また、現在は大部分の鍼師は、使い捨て(ディスポザブル)の鍼を使っていますから大丈夫と思いますが、なお、それらの点をご確認下さい。




Q4.最近、カイロプラクティックや整体院、療術院、リフレクソロジー等の看板やチラシ広告をよく見かけますが、マッサージと同じ業種なのでしょうか?


A. 違います。私達の行っているのは医業で、カイロ、整体、リフレクソロジー等は類似行為です。これらは、免許の無い法律外の民間療法であって、医学的知識を厚労省、文科省が指定する教育機関で受けていない、無資格者による施術です。治療による事故も少なからず報告されておりますので、注意致しましょう。




Q5.鍼・灸・マッサージの治療を行うには、どのような免許が必要なのでしょうか?(免許を取得するには?)


A. 文科省や厚生労働省が指定する教育機関で所定の単位(修業年限3年間)を取得した者が年一回実施される国家試験に合格した場合のみ免許が与えられます。
免許には、按摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師の三種があります。




Q6.鍼・灸・マッサージ治療は、健康保険で受けられますか?


A. 可能です。ただし、保険適応疾患に制限があり、また、保険を取扱っている治療院と自由診療のみの治療院がありますので、保険での治療を希望される方は、前以ってご相談なさると良いでしょう。
また、適応疾患や手続きについては、「鍼・灸・マッサージ 健康保険について」のページをご参照ください。




Q7.寝たきりの人の自宅に、マッサージ師の人が来て健康保険でマッサージやリハビリをして下さると聞きましたが本当ですか?


A. 本当です。ただし、県内でも応療によるリハビリ(マッサージ)を行っている治療院は少数ですので、その治療院名や手続きの方法については、「鍼・灸・マッサージ 健康保険について」のページをご参照ください。





トップページへ